B-da

  • ご購入の前に
  • ご利用・お支払いガイド
  • お問い合わせ
  1. ホーム>
  2. 炭酸泉について>
  3. 炭酸泉の仕組み

炭酸泉について

炭酸泉の仕組み

炭酸泉を作る

人工炭酸泉の生成方法には、大きくは2種類あります。

1つ目は、さら湯をバスタブにためてから、電気ポンプで吸い上げ炭酸泉にしてバスタブに戻し徐々に炭酸濃度を上げていく方法です。この方法を採用する装置には、漏電しないような電源工事と装置を固定する設置工事が必要になります。
また、お湯を循環させるためにフィルタの清掃や定期的な交換というランニングコストが必要になります。

2つ目は、ワンパスや掛け流しと言われる方式で、ホースの出口から高濃度炭酸泉が生成されます。さら湯を溜める時間が不要なだけではなく「使いたい時」に「使いたい量」だけ使うことができます。
この生成方式はメーカーによって電源工事や設置工事が必要な場合と、不要な場合がありますので確認が必要です。

ちなみに、当社のB-daは2つ目のタイプで、さらに特許技術により既存のシャワーホースをB-daに繋ぎ替えるだけで、電気を使用しません。設置もお客様自身でも可能な工夫がされており、わずらわしい電気、設置工事が不要です。(組み立てが苦手という方には設置サービスの設定もございます)

炭酸泉を作る

炭酸泉のからだへの影響

炭酸泉は、ヘッドスパなど髪や皮膚表面に働きかける「からだの外からの影響」と非常に小さな 炭酸の分子が皮膚を通してからだに入り、血行促進や細胞を活発にする「からだの内からの影響」があります。

「からだの外からの影響」として、弱酸性の炭酸ガスが働きかけることにより、肌の引き締めや皮脂、毛穴の汚れを取る効果が期待できます。また、「からだの内からの影響」として、皮膚を通過した炭酸ガスによる血行促進や疲労回復効果、細胞が新しく生まれ変わる効果が期待できます。

実は人間の血液中のCO2は肺による呼吸では10%程度しか交換されません。残りは皮膚呼吸と他の物質(多くは炭酸水素イオン)に変化し血液中に溶け込んでいます。
この交換される割合が多いとからだは「代謝が活発になった」と反応し、反射的に血管が拡張され血流が促進されます。

からだが温まったと感じているとき、血行促進だけでなく引き締め効果や美肌、健康的なからだへと準備が整っていきます。
毎日、長期的に炭酸泉を使うことで、そのメリットを享受することが期待できます。

  • 炭酸泉のからだへの影響(TOP)
  • 炭酸泉の応用事例
  • 炭酸泉の仕組み
  • 炭酸泉の歴史
B-daお試しキャンペーン ご応募・キャンペーン詳細実施中
ページの先頭へ戻る